『そうなんだ』を英語で伝える!ネイティブが良く使う5つの言い回し

『そうなんだ』を英語で伝える!ネイティブが良く使う5つの言い回し

英会話をしている方で、ネイティブと話していて言っていることは理解でいるのに、YesやNoとしか返事ができない!自分の言いたいことが言えない!そう感じている方、多いのではないでしょうか?自分の意見を英語を話すのは意外と難しいんですよね。けど、せめて相づちぐらいかっこよく上手に打ちたい!ネイティブが使っていて、しかも簡単な「そうなんだ」のバリエーションを覚えるだけで、会話はぐっと色鮮やかになります。「そうなんだ」のひと言だけでも言葉を換えることによって、自分の気持ちが伝わるので、会話が弾む手助けにもなりますよ!



 

『そうなんだ』を英語で伝える!
ネイティブが良く使う5つの言い回し

 


I see.


ベーシックな表現。相手、場所、状況を問わず使えるとても便利な表現です。中学高校の教書に載っている英語表現で、実はネイティブは使わない…というものも多くありますが、これはネイティブも非常によく使う言い回しです。どんな場面、どんな状況、どんな相手にでも使えるのでとても便利です。

哀しい話や、残念な話、返事に困ってしまう話のときなどは、この言い方をすれば間違いありません。あるいは、興味がない話を延々とされたときにイヤミを込めて「I see」と言うこともあります。ただ、言い過ぎると話を聞き流していると誤解されやすいので、「I see」以外のバリエーションをこ
の機会に身につけてしまいましょう!

 


I got it.


「あ~そういうことなのね」というニュアンスのある「そうなんだ」を言いたいときに使う表現です。話の流れがつかめたときの「そうなんだ」や相手の気持ちを説明してもらって理解できたときの「そうなんだ」としてネイティブはよく使っています。

「I get it」というのが原型の表現で、「わかった」と返事をするときに、過去形で「I got it」とネイティブはよく使います。「わかった」の表現で「I understand」と言うフレーズもありあますが、こちらは「理解している」という意味が強いので、「そうなんだ」の相づちとしてはあまり使われません。

 


Right.


相手の話に同意している意味の強い表現で、「そうなんだ」という返事の他に、「そうそう」という意味で、話の合間の相づちとしてもよく使われます。「You’re right.(あなたの言うとおり)」や 「That’s right. (そのとおり)」、「Alright(わかった)」も相づちとしてよく使われますので、いっしょに覚えてしまいましょう! Rの発音をしっかり練習して、短く「ライッ」というような感じで発音すれば、ネイティブの英語っぽく聞こえますよ!

 


Oh my goodness.


驚いたときなどの使われる「そうなんだ」の表現です。やや女性的な言い回しでみなさんもよくご存知の「Oh my God」と同じ意味ですが、キリスト教の教えで、神様の名前をそうきやすく口に出してはいけないという教えから、Godの部分を濁したこのような表現が生まれたと言われています。少し女性的な言い回しで、女性が言うとチャーミングな印象を与えるのでぜひ使ってみたいですね。また、「Oh my goodness!(わお!のような単純に驚いたとき)」や「Oh my goodness, did you know that~? (ちょっと驚いたんだけど、知ってる?)」というような場面でも使われます。ちなみに、悪いニュースがあったときなどにはあまり使われません。

 


Oh ya?


フランクな間柄でよく使われる口語表現です。発音の仕方を変えるだけでさまざまなニュアンスを伝えることができます。「あ、そうなの? 」というようなニュアンスが強いですが、言葉自体に意味がないので、言い方次第でさまざまな「そうなんだ」のシチュエーションに使うことができる便利な表現です。 「I see」という意味で使うこともできますし、「Really?」や「Wow!」という意味で使うこともできます。驚いたときは、語尾を強く上げて発音すれば驚いていることが伝わります。語尾を下げると「そうなんだよ」と肯定する表現にもなります。ただ、比較的フランクな表現なので、目上の方や仕事の取引先の方などには多用しないほうが無難でしょう。さらに、口語的な表現なので、フォーマルな文章にも向きません。

 

いかがでしたか。

とっても簡単ですよね!今回は「そうなんだ」の5つの言い回しを紹介させて頂きましたが、たったこれだけで相手の話を聞くばかりの会話でも、ぐっと会話らしくなります。単調な返事だけでは話しているほうも「わたしの話つまらないのかな…」と思ってしまいますしね。相づちの言葉によって相手のリアクションも変わりますし、それによって自分の英語が通じているという実感を得ることもできます。この「そうなんだ」のバリエーションを身につけて、楽しく英語を話す第一歩を踏み出しましょう!

 

まとめ

『そうなんだ』を英語で伝える!
ネイティブが良く使う5つの言い回し

・I see.
・I got it.
・Right.
・Oh my goodness.
・Oh ya?